加工技術


素材から最終的な製品に仕上げるためには、様々な加工方法が必要となります。
弊社での製品作りに使っている加工技術をご紹介します。


板金プレス加工

板金プレス加工とは、プレス機と呼ばれる高い圧力を出すことができる機械と、その圧力に耐える強靭な金型によって金属の板を金型に沿って変形させて成型する加工法です。プレス機は金型を上下動させ、加工材である金属を曲げたり、切断したり、潰したり、絞りと呼ばれる加工をすることができます。金属には塑性と呼ばれる、力を一定方向に加え変形させたとき、そのままの形状で戻らない性質があり、その性質を利用した加工法です。また金属には展延性と呼ばれる、強い力を加えたときに延びる性質があり、塑性と展延性を利用した加工が、一般的に絞り加工と呼ばれる金属の板を凹状に加工して、コップのような容器の形状とする加工法になります。

板金加工の詳細について

熱間鍛造

熱間鍛造とは金属を再結晶温度以上の高温に加熱し、変形しやすくした上で金型やハンマーなどで圧力を加え、目的の形状に塑性変形させる加工法です。鍛造の歴史は古く、古来から使われてきた技術で、日本刀は熱間鍛造の一種である、自由鍛造と呼ばれるハンマーで目的の形状に徐々に変形させる方法で成型されてきました。よくテレビなどで見ることができる、職人が複数で刀の原型を火花を飛ばしながら叩いているものが、それに該当します。弊社は主に真鍮と呼ばれる金属を800℃前後まで温度を上昇させ、高温に耐えられる特殊な金型を使い、圧力を上下から加えて金型に沿った形を成型し、製品を作っています。左の写真は鍛造用の金型になります。

切削加工

切削加工とは、被加工物または刃物を高速回転させて、目的の製品形状に削る加工法です。切削加工には様々な機械が用いられ、主に旋盤、ボール盤、フライス盤、研削盤などを用いて金属の不要な部分を削ります。刃物もそれに応じて多くの形状があり、形状ごとに、ドリル(ボール盤で使用)、バイト(旋盤で使用)、エンドミル(フライス盤で使用)などと呼ばれています。弊社は主にNC旋盤と呼ばれる電子制御でバイトの位置と切削物の位置、回転を調整して加工できる機械によって金属を削り、目的の製品形状を作っています。板金プレス加工や熱間鍛造でおおまかな形を成型してしまい、その後の二次加工で利用しています。

溶接

溶接とは、金属を高温で溶かして2つ以上の材料を接合させる加工法です。この加工法も歴史が古く、弥生時代から利用されてきました。加工法には様々な種類がありますが、弊社で利用しているものは、ロウ付け、はんだ付け、ガス溶接、スポット溶接、TIG溶接、アーク溶接があります。大きく分類して、溶接する部材を溶かす方法ではなく、融点の低い他の金属を外から供給する、ろう付け、はんだ付けがあり、部材自体を電気やガスで溶かして溶接する、ガス溶接、スポット溶接、TIG溶接、アーク溶接があります。金属の種類や、製品に求められるもので溶接方法が変わってくるので、その都度一番よい方法を検討し利用しています。他の工程で作られた部材を繋ぎ、製品形状まで作り上げる大切な工程です。

研磨

研磨とは、鍛造や切削加工で荒れた金属表面を高速で回転する研磨材に押し当てて、表面をきれいに磨き上げる方法です。おもに金属の仕上げ加工に用いられます。通常、金属はより硬いものに当たったり擦れたりすると、傷がついてしまいます。そのため、様々な工程を経て最終段階まで仕上げられると、金属表面に擦り傷や酸化膜ができて美しくないので、美装を目的として利用される加工法です。製品によってはこの後、塗装やめっき、箔などの仕上げが行われますが、次の工程を美しく仕上げるためにも欠かせない加工となっています。研磨材は、円盤状の布に液体の研磨剤や固体の研磨剤を塗ったもの、またはサンド(砂)が前もって塗布されたものなど様々な種類のものがあります。

表面処理

表面処理には様々な種類のものがありますが、弊社では主に美装を目的とした最終仕上げに使います。プレス加工時に油脂がついてしまった部材をアルカリ性の溶液に浸し、汚れの無いきれいな素地とする油抜き、金属表面の酸化膜を取り除くキリンス、高速で小さなビーズを噴射し細かい凹凸面を作り金属特有の光沢面を消し、落ち着いた雰囲気の梨地表面にするブラスト処理、製品を目的の色に仕上げたり、対候性など機能面の向上を目的とした塗装などがあります。その他、研磨の一種類になりますが、機械でスチールボールと製品を一緒に回して光沢を上げるバレル研磨があります。すべて自社内にて対応することができます。